FC2ブログ

バレンタインデーって・・・




いつの頃からチョコレートとバレンタインデーと愛が結びついたのか。

学生のとき寮生活の中、2月14日を彼のいないわたしたちは、

「今夜の12時までチョコレートを待っている人もいるのかしらね~」

「そうよね~、まだあと1分あるってね~」

などと自嘲を含めて笑ったものだ。






いつの頃からチョコレートを気軽に買うようになったのか。

子供の頃はチョコレート自体 高級品で遠足の時くらいしか口に出来なかった。

もっと前の子達は米兵に「Give me chocolate.」と言っていたらしい。




バレンタインデーにチョコを 愛しい人に愛の告白として贈る という。

日本にもたらしたのは製菓会社の陰謀、はたまたデパートの回し者の発案・・・?




1975年のアメリカでは学校の先生に、会社の秘書にプレゼント。

もう若くはなかったので恋人の女性から男性へという習慣については知らない。

でも愛を感じている人へチョコのプレゼントをする日って素敵。




想い人へ→女性から男性へ→義理チョコ→友チョコ→・・・・・

去年からわたしは母へ名付けて 母子チョコ とでも。

理由はこの時期いろんなお店、そう駅の構内にもチョコがあふれている。

しかも可愛い、かわいい!


チョコ


で、買わずにいられずこのチョコを買ってしまった。

立春も過ぎ気持の中は春……。


チョコ全体


この時期、見過ごし、通り過ぎに出来ないチョコがたくさん!


チョコアップ


チョコレートが大好きな母の喜ぶ顔が見えるよう……

夫に? いいえ、彼はチョコよりもシュークリーム。

かつてはモンブランだったのだけれど。

こんな日があるお陰で  についてちょっぴり考える良き日かな。











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR