FC2ブログ

いじめと讃美歌-244- 「神の招き」



いじめの問題が後を絶たないどころか日増しに事が明るみに出てくる。

運動部の鍛錬と称するいじめ、学校の先生の教育と称するいじめ。

躾と称する親のいじめ・・・・・・



いじめの対象となっている人は逃げ場がなく現実逃避をしてしまう。



縋れる胸があれば、

抱き締めてくれる腕(かいな)があれば、

逃げ込める場があれば・・・・・・



この讃美歌の存在を知ってほしい。

   1  行けどもゆけども ただ砂原、道なきところを ひとり辿る。

      ささやく如くに み声きこゆ、「疲れしわが友、我にきたれ」


   2  やけたる砂原 いたむ裸足、渇きのきわみに 絶ゆる生命(いのち)、

      しずかにやさしき み声きこゆ、「生命のいずみに 来たりて飲め」


   3  かえるに家なく つかれはてて、望みもなき身は 死をぞねがう。

      さやかにちからの み声きこゆ、「帰れや、父なる 神のもとに」



帰る先は神でなくとも、身近な誰でも良い。

ただ不逞の輩が甘い言葉で擦り寄ってくることもあるのでご用心を。



良書に、音楽に絵画に触れることも一策である。



アメリカであった open classroom または non-graded classroom 。

長女も学校区の関係で一時期通ったことがある。

これは小学校の 自由授業、無段階教室 のことで、仕切りのない広い部屋で

学年も関係なく授業を受ける。



だいたいは学年ごとで集まるが優秀な生徒は飛び級もできる

反対もありで、どちらも稀なケースである。

勉強面だけの特徴のほかに利点もある。



この方式だと先生も生徒もみんなの目が常にあるので間違いが少ない。

すぐ近くで他の先生の声が聞こえるが、たいして問題ではないようだ。

見守られている、、、、と意識するのはいいものらしい。










スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

心の拠り所

マダム、深夜にお邪魔しまーす。

いじめの問題には心が痛みますよね・・・
人の目の届かない閉鎖された場所で
起こっているだろういじめ。
決して自分だけの胸にしまっておかないで
勇気を出してSOSをと思うのですが・・・
それも帰る場所があってこそですものね。

去年の紅白で三輪さんが歌われた「ヨイトマケ」
でいじめられた子供のことが歌詞にありました。
初めて聴いたのですが心が揺さぶられました。
貧しくとも力強く生きている姿に感動でした。
讃美歌など素晴らしい音楽は励ましをくれたりしますね。

yoshikoさま

> マダム、深夜にお邪魔しまーす。
昨夜は珍しく早めにPCを閉じましたのでお返事が遅くなりました。

> 勇気を出してSOSをと思うのですが・・・
> それも帰る場所があってこそですものね。
そうなんです、振り向いても誰もそこにはいない・・・では可哀そう過ぎますよね。

> 去年の紅白で三輪さんが歌われた「ヨイトマケ」
> 初めて聴いたのですが心が揺さぶられました。
私も久し振りに聴いたのですが感動しました。
日本中で話題になるくらいの反響でしたね。
それだけでもまだまだ日本も捨てたものじゃないって思いました。

讃美歌は嬉しい時にはあまり思い出さないのですよ。(困ったこと!

No title

昨日はすみれにコメントありがとうございました★
みなさんに沢山心配いただいて、本当にすみれは幸せものです(/_;)

いじめの問題いつの時代も中々なくなりませんね、ニュースで見るたびいつも心が痛みます・・・・。
同じ人間なのにどうして傷つけあうのか・・・。
どうせ同じ時を刻むなら、仲良く楽しい時間を過ごした方が絶対有意義なのに・・・。不思議でありません。

すみれねぇさま

こんばんは。
> みなさんに沢山心配いただいて、本当にすみれは幸せものです(/_;)
意志のしっかり表れたお顔のすみれちゃん、頑張っているように見えて・・・健気!

たくさんのみなさんと応援していますからね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR