FC2ブログ

西洋絵画の意味するところを・・・




日経新聞の朝刊に連載されている「注文の多い宗教画」10選。

1と2を切り抜くのを忘れたが、3からはスクラップしている。

いきなりですが・・・・・・4月25日付の記事のご紹介。


絵画 首を切る


怖いもの見たさの絵に属するだろうか。

画家はアルミテジア・ジェンティレスキ、女性である。

画題は「ホロフェルネスの首を切るユーディト」。




旧約聖書からの話で、これでも宗教画なのだ。

  
   イスラエルの富貴な未亡人ユーディトは、祖国存亡の危機に直面し、

   侍女一人だけ伴っただけで敵将ホロフェルネスの陣地を訪れ、

   寝返ったと信じ込ませる。

   深夜、酒と色香に酔いつぶれた将軍を殺し、首を味方のところへ

   持ち返る。

   ユーディトは救国の美女として讃えられた。

                  本文の執筆は中野京子:新聞より掲載




美術館で絵の意図するところ、意味するところが解らず、無為に過ごしたことも。

西洋絵画は謎、喩え、教訓、歴史、風刺と読み解きが難しい。

そんなわたしの助けとなるのが 中野京子氏 の本。

彼女を知ったのは「怖い絵」で、書店で求めて帰った。




ドイツ文学者であり、西洋文化史家でもある。

わたしも西洋史を学び、美術評論家になりたかった・・・・・・

アメリカでのあるパーティでお隣の席に日本人の美術評論家が。

このときとばかり夢中になって質問をたくさんしてしまった。




世界的に有名な美術館に行くととても2,3時間で見るのは不可能だ。

丁寧に見ていくと何日かかるか分からない。

何度も通えない場合、、、、解決策がある。

たいてい日本語の説明冊子があり、それに鑑賞100選なるものがある。




好きな絵をいつもいつも眺め、鑑賞していて本物に会いに行く。

これ、最高の贅沢!

出会いの喜びと感動で興奮し、充実感で満たされる。




反対に初めてであった絵なのに涙が止まらなかったことも。

十勝平野にある「神田日勝記念美術館」の絶筆となった「馬」。

安い茶色の絵の具しか買えなかったことも知った・・・・・・

こうして書きながらも思い出すとうるうるしてくる。




音楽と絵と本は人間だからこそ楽しめるものである。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

白秋マダムさん、おはようございます。

絵を見るのは好きなのですが、たいていは新聞販売店の招待券が当たったことで行く事が多く、あまりよく知らないまま行くことも多々。

最近も”フランシスベーコン展”と”源氏絵と伊勢絵”に行きましたが、ああ、もう少しお勉強してくるのだったと後悔したところです。私、かなり、無為に過ごしていますね。

新聞の美術のコラム、素通りしていました。気をつけて読むことにしたいと思います。


リズさま

こんばんは、リズさん。

> 最近も”フランシスベーコン展”と”源氏絵と伊勢絵”に行きましたが、ああ、もう少しお勉強してくるのだったと後悔したところです。私、かなり、無為に過ごしていますね。

どちらの展覧会も素晴らしそうですね。
どんな方法であろうとチケットが手に入ると嬉しいですよね。
日本で有名な絵画展があると押すな押すなの大混雑で・・・・・・
アメリカでは寄付をして会員になると、プレビューに招待されゆっくりと
見ることができました。

多額寄付者から順に招待されるパーティのランクが異なります。
最高のパーティに友人として招かれたときの驚き!
ファンドレイジングと寄付の社会の楽しさを知りました。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR