FC2ブログ

学生服とセーラー服




岐阜県立 斐太高校の「白線流し」をテレビで見た。

ドラマがあったらしいが、わたしはニュースで初めてこの出来事を知った。

わたしの高校も男子は白線3本の学帽、女子は白線3本のセーラー服。




ちょうど高校3年生のときに舟木一夫の「高校3年生」が流行った。

今では同窓会で必ず歌う曲である。


舟木一夫


学生服姿の歌手も珍しい存在。

ましてや彼は端正な顔立ちで人気沸騰。

清潔感あふれる歌は卒業という時期と重なり、わたしたちは感慨深く口ずさんだ。




あの頃の高校生は学校数も少なかったせいか、金ボタンの学生服と

セーラー服は高校生のシンボルだった。

地方の小さな町では後続の私立高校などの洋装の制服は目立つ。

まだ私立が県立の受け皿だった地方の高校…

その学校の変わった制服は容易に学生を差別した。




地方の名門高校は、前身が明治時代にできた旧制中学が多い。

高校野球も進学校が甲子園の常連だった時代である。

戦後 男女共学が進み、昔の女学校と中学校が合体した。

母校の場合 実際同じ校舎に通ったのはわたしの1年先輩から。




高校生のときの友人の話、ペンフレンドの外国人が日本の学生服を見て

カトリックの牧師を想像する、窮屈そうな襟だと。

軍服にも似た学生服のルーツはどこでしょう?




毎晩敷布団の下にスカートを入れて寝押しをしていたあの頃……

なつかしいな!!












スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

敷布団の下にスカート!可愛い女学生だったんでしょうね。

Jadequest さま

> 敷布団の下にスカート!可愛い女学生だったんでしょう ね。
ピンポ~ンとしておきましょう。
あの頃の女の子はちょっとからかわれても言い返せず、ポッと赤く
なったものです。
今では逆にからかっていますでどね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR