FC2ブログ

海賊と呼ばれた男






海賊




久し振りに薦められての読書。

「海賊と呼ばれた男」のタイトルは、自分で書店では手に取らない本だろう。

また この表紙も好んで買いたいものではない。





婿に推薦され、読み始めたら止まらない。

今は下を読んでいるが、展開が楽しみ!





主人公の私利私欲をも捨ててまで日本を思う気持ちはどこから来るのか。

それはまるで 武家社会で藩を守りぬく武士の心 にも通じるものがある。

話が上手すぎるほど節目節目で幸運に恵まれる彼・・・

実話でなければ信じられないほどである。

的確な判断で決断を下し、即実行に移す。

まさに機を見るに敏!!





素晴らしい部下に恵まれるが、すべて彼が育てた結果。

昔は、いつとは限定しないが、こういった男がいたものである。

後世、現在の日本を振り返ったときに誰が男として認識されるのか?











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR