FC2ブログ

遥かなる山の呼び声







遥かなる山の呼び声




アメリカ映画「シェーン」のリメイク版とは知っていた。

「シェーン」は10回以上観た名作である。

さて さてどのように生まれ変わるのだろう・・・・・




米国版は荒くれ者が出てきて、結構 苦手なドンパチもある。

西部開拓時代の土地の利権争いや開拓民の貧困が背景にある。

日本版は善人たちばかりで残酷なシーンもなく構えて観ていただけに良かった。




日本人として気持は理解できるし、高倉健演じる男性の男らしいこと!

男女が一つ家に起居していれば下種の勘ぐりも生まれように・・・・・

そのへんを避けているところが気に入った。

実際 何もなかったのだが。




「幸せの黄色いハンカチ」に続くような展開。

どうやって表現するのだろうかとワクワクしていたら・・・・

終わりの纏め方が素晴らしい!!




惜しむらくは ハナ肇演じる男が高倉健を慕うようになる過程を

もっと丁寧に、深く描いてほしかった。

それでこそ最後の盛り上がりも感動が腑に落ちるというものだろう。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR