FC2ブログ

ダンゴムシ





まだ庭にはダンゴムシがいる。

そこで 虫取り名人のつぶやき を。





どちらさまのお庭にもいるダンゴムシとワラジムシ。

ワラジムシのほうが敏捷で同時に見つけたときはワラジムシからゲット!

この両者、益虫か害虫か、、、、、、。

どちらも正しい。





空き瓶片手にトングを使って捕ります、獲ります。

逃げる方向も熟知、隠れ場所も承知。

百発百中!

1000回に一度くらいの取りこぼし。





「一番うれしいのは交尾の最中のを捕ったとき」というと、娘が妙な顔をした。

なぁーに、、、、変な想像しないで!

他人の恋路を邪魔しているのではありませんよ。

この時 捕まえてしまえば子孫を増やさずに済むでしょ!!





捕まえてビンの中に入れるなり、産卵することも。

一人の母として、ちょっと……。

この場面、NHKの「ダーウィンがきた」でダンゴムシの立場からとりあげたと

したら、わたしはとんでもない鬼か夜叉。





良い点は土を耕してくれること。

なぜか極小の鹿沼土のようになる。

ただし表面だけ、ね。

もう一つは椿などの葉で芸術作品を創り上げてくれること。





彼らは落ち葉がなくなると庭に咲いている花や葉、茎を狙ってくる。

だから、わたしにとっては害虫で、目の敵にしている。 (当然よ)





わたしが旅行中だったり留守のときは彼らの酒盛りの時!

仲間を増やし、たっぷりの枯葉で親戚友人をもてなし楽しむ。

だからお出かけは枯葉を寄せ集め、そのままにして出かけます。





帰宅してからの何日間は虫取り!

この作業を見た孫が低学年のころ、わたしは悪者おばあちゃんだった

幼い子たちにダンゴムシは大人気なのだから。





空き瓶に水を入れ、虫を放り込むだけでOK。

翌日は溺死!

庭にこぼしておくと、理論的には分からないが生態系のサイクルが作動して

いるように思える。





今では遊びに来た孫たちも、せっせと捕ってくれるようになりました。

頭を空にしてできる作業、ついでにいろんな虫も見つけます。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんだか 物語のように 読んでしまいました。

ふふふ。

Re: No title さま

> なんだか 物語のように 読んでしまいました。
孤軍奮闘ですよ~

> ふふふ。
笑ってくださってうれしいです。
笑いが一番!!

無心!

友人に、芝生の中の ” 草の芽 ” を摘むのが好き! と、いう者アリ。

総てを忘れて、、と、いうのです。



狭い庭の芝生に座って、、作業しているのです。



価値の有無ではなく、好き、といえるコトがあるのは素晴らしいコトですね。

dow さま

こんばんは。

> 総てを忘れて、、と、いうのです。
そうです、無心なんです。
時には視点を変えると、見えてくるものあり。

> 価値の有無ではなく、好き、といえるコトがあるのは素晴らしいコトですね。
そうです、そうです、異議なし!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title さま

そちらにコメントを入れたのですがうまくいきませんでした。

> 孤独感が募るばかりです。
貴女一筋だっただけに、従順だっただけに、、、、
視線の先には思い出ばかりなんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本当に。。。

季節が寒くて余計に・・・つのります。。

ちわわんさま

どんな言葉も無駄でしょうね。
たくさんの思い出写真がまた新たな寂しさを誘うことでしょう。
冬来たりなば春遠からじ!
元気を出してくださいね。
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR