FC2ブログ

5人に助けられて





ピンポーンと5人の来客。

   ケアマネージャー

   デイサービスのセンター長

   ヘルパー派遣所の責任者

   介護補助具の相談員

   ショートステイの管理者

彼らが食堂の席に着き、ずらりと並んだのを見てうっときた。

わが夫一人のために、これからの介護の進め方について相談するのだ。




多少の要望はあるにしても、感謝々々のサービスを受けている。

まだまだ自分でできると思っていても、娘たちからみれば、もう、もうだ。

徐々に介護のサービスを受けるようになり、「ああ、なんと楽に・・・」。




ショートステイとは希望する日だけ泊めてもらえるサービス。

まずはお試しで契約をした。




介護施設はどんどん増えているが、仕事の従事者が足りない現実。

給料面でも仕事の難易度からも問題ありの職業である。

「今働いている人は、それでも働いているという人ですから」と。

こうも言った「ショートステイは家族の方のためにあるのです」。




介護施設で起きたベランダから入所者を落とした事件。

部屋のサッシは7センチくらいしか開かない状態なのに何故?とみんなで話したそう。

メディアで報道されているのはほんの一部のようだ。




夫が受けているサービス関係には申し訳ないほど良くしてもらっている。

同様の友人の話でも満足感を得られていると。

この制度は昔は考えられなかったもので、現在に生きていることに感謝!








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR