白衣、制服を着用するときは







2白衣



白衣、制服、、、、いろんな思いが胸に去来する。

今日見かけた人、長い白衣を着た若い男性だった。

信号を渡って行った。

なに!?





わたしはこういった行為は許せない。

白衣を着る目的を知っているのだろうか。

外からの雑菌を仕事場に持ち込まない。

患者に対した後、病原菌を家庭に持ち帰らない。




週の初めに真っ白で、糊のピーンと効いた白衣を着た

医師や看護婦に流石だと思ったものだ。

ある国立大学の病院では毎日白衣を新しいのに

着替えると言っていた。(現在は知らないが)



白衣



友人の女医は白衣の下から衣服が見えるのを嫌う。

いつもタイトスカートできっちりとしているとか。



白衣3


白衣や制服に信頼を置く自分がいる。

それはプロであることの証なのだから。




学校の制服にも誇りが表れ、同様にコックや板前のエプロンにも。

だらしなく着ていたり、黒く汚れていたりするのはNG!!




若いころ、自衛隊の制服を着ている人に頭が下がり、

スチュワーデスに安心感を覚えたものだ。




1970年代のアメリカの病院で、子供でさえ、風邪でさえ衣服を

患者用に着替えさせられていた。

診察台にはロールペーパーが敷かれ、一人終わると

切り取られ捨てられた。




1990年代の半ば頃は、院内感染をおそれ、手術後はすぐ

帰宅し、看護師が付き添い、医師が訪問する。(お金持ちは)

病人が飛行機に乗るときに付き添う登録看護師もいる。




白衣を着用する方々は信頼に応えてくださいね。











映画「沈黙」






沈黙




遠藤周作の本を読んではいた、何度も。

でも、何も記憶になかった。

ただ一か所、キチジローが裏切るということだけを除いては。




沈黙の意味を解き明かしてもらったような気がする

まだ鑑賞していない方のために書くのはやめておこう。




17世紀、純粋な心で布教を考えているパドレ(神父)。

背景には腐敗しているローマカトリック教会がある。

受け入れ側の日本も、武器がほしかった。




宗教と政治!

メイフラワー号には多くの清教徒と大勢の犯罪者たちが。

先ずインディアンを殺してからアメリカ大陸に上陸した。




とにかく、、、、

運命は受け入れるしかなく、従うしかない

逆らっても無駄。




未来(先)が見えていたら絶望するだろう。

山あり谷ありが人生だから。




現在(いま)を大切に生き抜きましょう!










悪いのは顔





毎月2回通っている経絡マッサージ。

リンパの流れをよくしてくれる。

夫の病に少しでも効けばと訪ね、ついでにわたしもと始めた。




ワエラ




この木製の大きなボウルにお湯を入れ、南国の花たちを

浮かべている。

この中に足を入れている間に、どこか気になるところは?

痛むところは、悪いところは?と聞かれるのだ。




肩が凝っている、首筋が、、、、などと答えると、

いろんなアロマオイルを混ぜてビーカーに入れ

体に塗りながらマッサージを。




ワエラ2





前回、どこも悪くはないのよ、元気です、とわたし。

「では、お顔をしましょう」と始まった。

脚から始まって背中、肩 首が済むと顔へ。




この流れ、、、、おかしくも何ともなく思っていたが・・・・

娘たちに会った時に、わたしは元気よと告げ、マッサージに

行った時の話をした。




彼女たちが大笑い。

「それって、顔が悪いってことじゃない」と。

ええっ!  ふふふ・・・・です。











幼稚園の新設に思う







幼稚園2

イメージとして ネットより画像を拝借





小さい子の子育てはとっくの昔に終わった。

でも、そこを通ったわたしとしては幼稚園に関心が。




幼稚園を造ると聞いた地域住民が反対をする。

声がうるさいからと・・・・・

加えて園児の送迎ママたちの たむろ もうるさいと。




テレビで紹介されていた幼稚園を見て感心。

園児たちは無駄に大声を上げないのだ。

元気よく~と、やたらがなり立てるのは違う。




二人で向き合って話しているときに大声はいらない。

教室で先生が話すときはそれなりの大きさで。

会議中は話が通じる大きさで喋るべき。

声の調節のできない人がたまにいる。




実際 静かな幼稚園というものが存在するのだ。

関係者はぜひ、そこらあたりから勉強を。




次に驚いたのは、

幼稚園そのものがなく、毎日公園を利用していると。

詳しい仕組みは知らないが、いいんじゃない?




そしてまたまた新たに知った。

駅に保育施設があり、まず通勤前後の親から子供を預かる。

そこからバスを出して、いくつかの幼稚園に子供たちを送迎。

親は駅までの送迎で済むし、帰宅時間の調節もできそう。





窮すれば通ずで、まだまだ良い案が出てくるのでは?

だめ、だめ、だめはやめましょうね。











スペイン 家庭料理の店





船橋にあるレストラン 「タベルナ カディス」。

スペイン料理で、オーナーシェフがスペインのある地方で

修行してきたそうだ。

スペインの家庭料理の店である。




マッシュルーム



一押しはマッシュルームのセゴビア風。

ガーリックとオイルで炒め、熱々で出される。



パエリア



もちろん パエリア。

生臭い感じがなく、薄味でドギーバッグにしても美味しかった。



玉ねぎ



玉ねぎを丸ごと焼いたもの。

これが口の中でとろける感触!!




都内在住のスペイン人も利用しているという店。

いつもゴタゴタ、ざわざわとしている。

その分 気楽でちょっと大声で話しても平気。




お隣のテーブルの人たちが食べているお料理を見て、、、、

この次はあれを頼まなくちゃと。












喫茶店 茜屋 (銀座店)







茜屋



評判の喫茶店、「珈琲 茜屋」の銀座店へ。

カップにこだわり、客に合わせて選んでくれるとか。



ヘレンドのカップ



娘たちに出てきたのはヘレンドのカップ。

形はこれだが名前は、ウイーンの薔薇とインドの華

これらは紅茶用だと思うのだけれど・・・・

もっと口の広いカップでもコーヒーが出てきている。

きっとカップにだけこだわっているのか?・・・・




わたしはジュースを頼んだのでカップはなし。

というのも、その前にフレンチをレストランで済ませていたので。




娘のコーヒーを一口 味見!

とても美味しかった!!

コーヒー党でもないわたしが美味しいと感じたのだ。




インテリアが素晴らしかった。

たいていの店で、もう少しこうすれば・・・・なんて思うのだが。

まさに 私の好みだった。




コーヒー一杯 995円

この値段にもかかわらず、客はひっきりなし。

ゆっくりするのは申し訳ない気がします。














犬のリード





リード2

↑は犬を飼っている人もいない人も皆さんご存知のリード。



ハーネス




これはハーネスという首に負担をかけないもの。

我が家の犬は子犬のころに使ってみたが、

同じところが擦れてしまってやめた。




リード




こちらは伸縮するリード。

これは便利ではあるが、使用法を間違えると危険!




ご近所で、

油断した奥さんが目の前で愛犬を亡くしてしまった。

使っていたリードは伸縮型。

彼女の受けた衝撃は大きく、まさに半狂乱。

車にはねられた犬を抱いたまま、玄関先で泣き叫ぶ・・・・




犬を火葬してくれる出張車があることも知った。

生前そっくりの毛糸の編みぐるみを注文できることも。




リードの使い方を誤った、彼女の後悔は如何ばかりか・・・・

特に室内犬は我が子と同じ。

ペットロス、、、、容易に察しがつきます。












べっぴんさん








べっぴんさん



書きたくて、書けなくて、、でも 思い切って書こう!




前作も今回の朝ドラも、何かな~

素直に良いと言っている人は許容範囲の広い方。

包容力のある方なんだろうな。




初めは静かな感じでわたしも好きだった。

ところが回を重ねるにつれ、矛盾が・・・・・




実在の人物の子孫の方々に、会社の社員に失礼では?

NHKは制作費をけちっている?

時代考証の人は平成生まれ?




このストーリーは2時間ドラマにしたほうがいいのでは?

朝ドラにはゆっくりと登場人物の内面を表したり、

会話の中に人情味を感じさせたりを期待している。

それらがなくて、

何故 半年もの間 時間をかけて番組を作るのか。




バリバリの昭和人間のわたしは・・・・・




それでも不思議なことに、わたしは毎回観ているのです。












民泊、する? しない?








民泊




マンション、アパート、戸建てなど、空いている空間を有効に。

これらを活用すれば一石二鳥では?

訪日客が増え、オリンピックへ向けても欠かせない受け皿。




でもね、

お役に立つのならどうぞと性善説だけでは済まされない。

ゴミ、騒音、犯罪・・・・




長い間 地元の大学の留学生の訪問を受け入れ、市との

連携でおもてなしの接待もしてきた。

今まで何の問題もなく、感謝されてきた。

これが見知らぬ観光客だと話は違う。




夫が逝き、母がホームに入った今、二階が空いている。

災害被災地の学生を受け入れる、入試時だけお泊めする。

下宿屋って方法もある。

ホテルがなかなか取れない現状だし。

などと、いろいろ手を差し伸べたい気持ちはあるが・・・・





でも、でも、、、、

責任ということを考えると躊躇してしまう。

やはり怖さが先に立ち、前へ進めない

空き部屋を抱えている家はたくさんあるはずだ。

何とかならないものか。
















拾った材料で






夫の49日を偲ぶ会として鴨川へ行った。

食事の前に散歩して、松ぼっくりと小枝を拾ってきた。

これらを思い出としてリースの材料に使うことに。





黒熊莊



長女の息抜き用の家に。

コテージ風なのでこんな感じが似合いそう。



小枝結び"384" />



小枝は切りそろえて麻紐で縛った。



ショップ用



こちらは二女の家に。



レモンのアップ



レモンをスライスして車の中に入れて乾燥させた。

黒くなってしまったが・・・・・

これはこれで、、、、

バラの花も乾燥させて。

色がシックに変化してよろしい。



我が家用のリース



これは我が家用に。

ふふ、ママ用が一番華やかです。

実は小枝の材料がなくなったので。




何といっても記念の作品。

これを見るたびに49日を思い出すだろう・・・・

でも、このリースは秋から春まで。













プロフィール

白秋マダム

Author:白秋マダム
 
海外生活17年間の思い出と、
時事雑感、日々の暮しについて
エッセイを書いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR